再びの鳥頭でござる。

アクセスカウンタ

zoom RSS タロちゃんのこと

<<   作成日時 : 2017/01/22 20:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

セキセイインコのタロちゃんが1月14日にお星さまになりました。

8歳8か月でした。

画像


お正月は元気に飛んで回って

婿さんの肩にも乗ってサービスしました。

4日に小鳥の病院に検診で行った時は

卵巣腫瘍は大きくなっているけど、

腹水はたまってなくて元気でした。

画像


8日からゴハンを1グラムしか食べなくなって

12日には止まり木にとまって

じっとしてました。

体重は29グラムしかありませんでした。

13日に予約外で小鳥の病院に行きました。

タロちゃんはじっとしてるけど、

立っていました。

先生は2か所から腹水を抜いてくれました。

そして、

「これ以上、生きろ、生きろって言うのも、

かわいそうでしょう。

これで、また良くなればいいけど、

悪くなるようだったら、無理に連れてこなくていいと思いますよ。」


そう、私は自分の欲でタロちゃんに生きてて欲しかったのです。


先生の言葉に、はっとして、

「そうですね。わかりました。」って答えました。

その日の夜、タロちゃんは

動くようになって、エサも少しついばんで

扉を開けたら、私の手に乗ってきて

いつものように、甘えてきました。

「タロちゃん、復活したね。」って

その時は思ったのに。

翌朝も生きてたタロちゃん。

「行ってくるね。」と仕事に出かけて

お昼過ぎに帰ってきたら

カゴの隅で寄りかかるように、目を閉じてました。


羽はフワフワでいつもと同じ。

寝てるのかと思ったけど、だめでした。


今まで治療を頑張ってくれたタロちゃんでした。


生涯で卵を400個も産んで、

それは寂しさの数だったのかもしれません。

画像


ハニの近くに行くと

いつも逃げられていたタロちゃん。

画像


背中に乗りたかったの知ってるよ。

画像


15日には動物の霊園でお葬式をしました。

おばあちゃんやおねえちゃんも参列しました。

やっと治療から解放されて、

「よかったね、タロちゃん。」って手を合わせました。


タロちゃんの周りには

色とりどりのお花を並べて

口元にはゴハン。

きっと、天国に飛んで行ったと思います。

だって、タロちゃんの魂はとっても綺麗だと思うから。



骨になって出てきたタロちゃんは

丸い頭と、小さなくちばしが目をひきました。

係の人が

「石頭だったのかな?」って言うから

「ああ、ホント!そう言えばタロちゃんは石頭だったね。」って

みんなで笑ってしまいました。

画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
タロちゃんのこと 再びの鳥頭でござる。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる