膝蓋骨脱臼の手術

避妊手術について、いつも行く病院の先生(じいさん)は
「するならなるべく早くやった方がいい。乳腺腫瘍にかかる確率が非常に低くなる」って言ってた。

私が「内視鏡で避妊手術はどうなんでしょう?」って聞いたら

「そんなのはよくない。手術はいっぱい開けて他の場所も悪くないか確認してやるのがいい」と言われた。

私は「????」だったので、内視鏡手術のできる病院を見つけて相談に行った。

そこの病院の先生は 「腫瘍ができる可能性があるからと言って、予防のために摘出するのはおかしいです。
腫瘍ができたら、腫瘍の治療をするべきです。人間と同じと考えてください。

最初の生理がきてからでも遅くないので、
この子の生理で家の中が汚れていやだ、とか、
食欲がなくなって具合が悪そうだとか、、、そういう理由で手術を決めてください」と言われた。

よさそうな先生だったので、ずっと前から気になってた
脱臼の相談もしてみることにした。
いつものじいさん先生は、「痛がって足が上がってきたら、お皿を削る手術をしましょう」と言ってた。

私は「足がいつもコキコキいってて、心配なので診察してください」とお願いした。
レントゲンを撮ってみたら、
先生に「両足ともグレード3で特に左足がよくないので、早く手術したほうがいい」と診断された。

放っておくと十字靭帯が切れたり、骨が変形してしまう場合もあるそうだ。
靭帯が切れると、治療が大変らしい。

ハニちゃんの膝蓋骨は内側に飛び出して写っていた。
いつもぐらぐらと出たり入ったりしているそうだ。

画像


手術の方法はお皿を深く削るのではなくて、お皿の下の骨を削るといっていた。
お皿は「滑車溝」と言って、滑りやすい骨でできているので、これを削ってしまったら
滑りが悪くなって、足によくないと言っていた。
だけど、今でも単純にお皿を削ってしまう病院もあるって話だった。
(じいさん先生は皿を削って深くするって言ってた)

更に膝蓋骨につながってる骨を切って、向きを変えてまっすぐするらしい。

同じ手術をしたワンコのレントゲン写真を何枚か見せてもらったけど、
足が曲がってる犬が多かった。
骨を止める金具は昔はしばらく経つと抜いていたけど、
今は一生そのままで平気なんだって。

待合室でさらにいろんな人に聞いてみたら
「ここの病院は大丈夫よ。ちょっと遠くからきてる人も多いのよ」って声に
迷ったけど、手術をお願いすることにした。

ずっとハニちゃんの足を心配しながら生活するのも大変だし。。。
本当はお転婆なハニちゃんに、ジャンプしたり、思いっきり走らせたりしたいと思ったから。

今年最後のトリミングは手術に備えて、「サマーカット」にした。

画像


お散歩に行って、クンクンばっかりで早速汚れたハニちゃん。。。

ハニちゃんは何も知らないけど、、、
「こんなに小さいのに、手術大丈夫かな~?」とか
「何かあったらかわいそうだから、今のうちに美味しいものいっぱい食べさせてあげよう」とか
「ちょっとイヤだけど、いっぱいペロペロさせてあげよう」とか
「お散歩では好きなだけ、クンクンさせてあげよう」とか

そんなことを思うのでした。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2011年12月30日 03:17
避妊の手術についての考え方は・・難しいですよねぇ。
先生によって考え方は様々だし、
もともとかかりつけのお医者さんをすごく信頼していたら、どうしても自動的にそのお医者さんの考えに似通ってしまうんだろうなぁとも思うし・・
うちは早い時期に済ませました。後悔はしてないし、ほかにわんこを飼ってもきっと同じようにすると思います(^^)
飼い主さんがメリット・デメリットを知って、色々考えた上での決断だったら、
するにしてもしないにしても、その時期にしても、きっとそれが正解なんだろうなと思います(^^)

ハニちゃんの足のお話、びっくりしました~(;_;)
手術で治るものなら、頑張って治して元気に走らせてあげたいですよね(;_;)
小さい体で大手術・・心配ですよね~いっぱい甘えさせてあげてくださいね~(T_T)
遠くからですが応援しています!!
頑張れハニちゃん~(>_<)!!!!!
2011年12月30日 20:28
やんやんさん、コメントありがとう。
七ちゃんも避妊手術したんですね~。
ハニちゃんは、するなら内視鏡手術ってことだけ決めました。急がなくてよいそうなので、足が治ったらもう一度考えようと思ってます。
ハニちゃんの足は先天的なものって言われました。
サプリあげたり、手作りごはんしてみたけど、手術しないと治らないみたい
じいさん先生には悪くなるから「ジャンプさせないで」とか言われてるけど、
言っても犬に通用しないし・・・
応援ありがとう~。頑張るよ~
2011年12月30日 20:33
ハニちゃん、脱臼の手術するのですね。びっしりしました。
先生の話も聞いて決断したんですね。手術となると色々と心配もあると思いますが、先生を信頼してうけてくださいね。祈っています。
ハニちゃん、頑張って!

避妊手術、色々な考えかたがあるし、ほんとに悩みますよね。
ほんとに、悩みます。
私は最初はすごく抵抗があって
するつもりはなかったのですが、
考えた結果うけました。
今は受けてよかったと思っています。オクサンさんも色々お話聞いて
決めてくださいね。私もやんやんさんと同じでするにしてもしないにしても納得しての決断はそれが正解なんだろうなと思います。

2011年12月30日 23:25
手術ですか~
どんな手術でも、小さな体なのでいろいろと考えてしまいますよね。
私の友達のワンコもハニちゃんと同じようにコキコキいっていて、びっこもひいていました。
散々悩んだ挙句、手術を受けたそうです。
今は思いっきり走ることができて、良かったと言っていました。
避妊のこともいろいろと考えることもあるかもですが、ハニちゃんにとってオクサンさんにとって一番良い方法を考えて決めてほしいなって思います。
ハニちゃんもオクサンさんも頑張って!!
2011年12月31日 22:41
こゆきさん、応援ありがとう
思いがけずに受けることになった脱臼の手術ですが、整形外科が専門って言ってた先生なので、こゆきさんの言うとおり信じてみようって思います。
避妊手術も急がなくてよいと言われたので、よ~く考えてからにします。
内視鏡手術があることを教えてくれてありがとう
2011年12月31日 22:50
ふみまろさんも応援ありがとう
手術をすることをすぐに決めてしまって、手術が失敗して歩けなくなったらどうしよう~とか、、悪いことばかり考えてしまいましたが・・・
今は足がよくなって思い切り走りジャンプできるハニちゃんもいいんじゃない~???みたいに思えるようになりました。
避妊も後悔しないように、急がずによく考えてからにしますね。ありがとう

この記事へのトラックバック