パリ② ヴェルサイユ宮~オペラ座~オルセー美術館

パリの夜明けは遅くて、8時40分が日の出。

2日目(12/18)の予定は「ベルサイユ宮殿とマルシェ散策」のツアーが

朝、8時集合で入ってる。

朝ごはんも食べる時間もなく、暗い道を徒歩20分で集合場所へ。

大きな観光バスに、ツアー客はたったの10人。

ベルサイユ宮もとっても空いてる。

夏だと大行列らしい。

画像


ベルサイユ宮の中心に向かって、真っ直ぐに1本の石畳がある。

画像


分かりやすいでしょう?

建物はとにかくデカい! ところどころに金の装飾が豪華。

画像


ガラガラの宮殿内をゆっくり見て回れる。

この人の足、すごいでしょう?

画像


男の貴族だけど、ハイヒールにタイツなの。

当時は足を綺麗に見せるのがオサレだったそう。

建物は上の階がせり出していて、

そこからトイレがなかったから汚物を投げ捨てるので、

○○○を踏まないように、このような靴が合理的だったらしいの。

画像


やっとお会いできましたね。

マリーアントワネット様。

大きく盛った髪は顔を小さく見せるのに流行したんだって~。

画像


部屋には必ずと言っていいほど、天井画がある。

画像


窓ガラスの鍵さえも何ておしゃれなんでしょう。

画像


でもね、全部階段です。

画像


いよいよ 「鏡の間」

画像


ここで、マリーアントワネットが、接見にくる貴族の方とお話ししていたのかしら?

画像


鏡の向かいには同じような形の窓がある。

画像


鏡に映った窓、分かるかしら?

画像



画像


色んな色の大理石を使ってる。

画像


「ナポレオンの戴冠式」の絵もゆっくり見られたわ。

画像


あっと言う間に、2時間半がたってしまった。

さよなら、ベルばらの舞台・・・

画像


ルイ15世は偉大だったのね。

王朝文化があると、弊害の方が多いかもしれないけど、

こんな立派な宮殿が残るのね。

画像


私も夏に行って、庭園を散歩してみたいわぁ

次は、マルシェに向かって出発

画像


果物が安~い!!そして美味しいっ!

マルシェのおじさんも親切。

大きなマスカット5ユーロを、最後だからと4ユーロにしてくれたわ。

画像


ここで、チキンとジャガイモを買い食い。

あれ??? これ絶対に醤油味です

画像


さあ、これからは自分たちで観光だ。

スリに気をつけるよ。

解散場所がオペラ座に近かったので、

次はここに決まり。

画像


オペラ座にはここを建てたオペラ・ガルニエの像がある。

入口にはジプシーの若い女の子たちがたむろしてて、

私のバックを狙っているわ

画像


チケット売り場近く、不思議な生物(?)が迎えてくれる。

画像


画像


天井も高くて、広い階段を上っていく。

画像


あっ、ここは見てきたばかりの 「鏡の間」に少し似ているって思ったら

システィーナ礼拝堂(バチカン市国)をモデルにしたんだって。

画像


         ↑

「オペラ座の怪人」ファントムの予約席、

NO.5のボックス席。

探したけど、見つからない。。。。

NO.6はあるのに、って思ったら、

こちら側は偶数席だったんだって(涙)

画像


ボックス席から見る、シャガールの天井画は素晴らしい。


画像


楽しそうで幸せな気分が伝わってくる絵。

一旦ホテルに戻って、少し休憩したら、

今度はバックを胸にかかえ、

地下鉄に乗って、「オルセー美術館」へ

画像


駅舎を改造した美術館。

名残があちらこちらにある。

画像


この時計も?

画像


ここは写真、禁止。

ルノワールやゴッホ、ゴーギャンなど、印象派の絵がたくさん。

有名なゴッホの肖像画もある。

画像


あっ、これは見たばかりのオペラ座の立体断面図

こうなっていたのね。

画像


美術館を出たらもう真っ暗。

4時半には日が暮れてしまうの。

セーヌ川沿いに出て、夜景見た。

ロマンチックだわぁ~

あと、30歳若かがえって、

韓流ドラマばりのイケメンの彼氏と来てみたいな・・・とか

画像


地下鉄に乗ってホテル近くのマドレーヌ駅へ。

マドレーヌ教会がライトアップされてる。

画像


街はクリスマスモードで大きな紙袋がもってる人もいる。

帰りに寄ったラファイエットの逆さツリーも見事。

画像


ホテルに戻ったら、お部屋が代わっていて

何もかも快適になっている

お湯もいっぱい出るし、明るいし、、、暖かい。。。

言ってみるものね~。

画像


当たり前だけど、ドライヤーもあるっ 

夕食は1回だけの夕食クーポン券を持って

おねえちゃんと二人近くのレストランへ。

本場のフランス料理ですか?

ドキドキします。

画像


レストランのボーイさんは 「ジャポネ?」って言って

笑顔で色々とお世話をしてくれる。

パリ人って冷たいと思っていたけど、

そんなことないのね。

営業スマイルでもいいのよ

ところで、美術館の受付でも、マルシェでも、

みんな必ず、「ジャポネ?」って聞いてくる。

日本人が珍しいのかしら

どうして、シナ、とかコーリャンって言わないのかな?

まあ、どーでもいいけど。。

画像


おねえちゃんが食べたメインのお皿のお肉、お醤油味です。

「こんなにたくさん、食べられないよ~、

ああ、ワサビがあったらもう少し食べられるかも」だって。

私のサーモンだって、ポン酢があったらもう少し食べられたわ。

そして2人とも全て半分、残してしまったの。

画像


デザートのなんて大きいこと

なんて甘いこと

画像



「パリの地下鉄の入口は本当にわかりづらい。

気を付けようって」ことが

本日の反省点。

それから、どこに行っても館内はとっても暖かいので、

ダウンの下は、薄着にしないと大汗かいちゃうことが分かったの。

明日、安いトップス買わないと、、、と思って

パリ2日目は終わったのでした


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック