パリ⑤ ノートルダム大聖堂~スリのいない町、サンルイ島

コンシェルジェリーのあとは、

画像


花と鳥の市場の前を通って(鳥はいなかったの)

ノートルダム大聖堂へ。

クリスマス前だったので正面に大きなクリスマスツリー

画像


な・な・なんと、この巨大な建物は

日本でいったら鎌倉時代あたりのものなんですよ~。

堂内は写真撮影禁止で、有名なバラ窓の写真は撮れなかったの。

もう、これは建築物っていうよりも

巨大な「彫刻」って感じで、圧倒されます。

この時代にきっと とてつもない『天才』がいたのでしょう。

セーヌ河沿いの道を歩きながら、外側から鑑賞します。

画像


バラ窓をと巨大な建物を支えるために、

リブみたいなつっかえ柱があるのが分かります。

その上は雨どいになっていて、

怪物(ガーゴイル)の彫刻がほどこされています。

画像


完成に170年以上と聞いて、、、

何人もの人達が、バトンタッチしていったのか。。。

んもう、凄すぎます。歴史です。

と、思いながら歩いていったら、サン・ルイ島へ渡る橋へ到着。

画像


鍵がたくさんかかっている。

恋人たちの仕業ね

ああ、私もあと30年若かったら、、、(といつもの妄想につづく)

画像


サン・ルイ島は、パリだけどスリがいないんですって

スリだけじゃなくて、人もいなかったのよ(笑)

画像


そして、雨も激しくなってきたの。

どうしよう~と思ってたら、可愛いCAFEを発見。

画像


マカロンやチョコが所狭しと陳列されてるわ。

コーヒーとマカロン2個とチョコ1個のセットで7ユーロ。

これはとっても良心的なお値段ですよ。

チョコも1個おまけしてくれたの

画像


そして、やっぱり、「ジャポネ?」って聞いてくる。

「そうよ。」って言うと、色々話しかけてくるけど、

私は何にも分からないわぁ~。

いや、何となくわかるかも(笑)

おねえちゃんが若い女の店員さん(オーナー?)と

楽しそうにおしゃべりしてる。

画像


おねえちゃんがトイレに行ったら、

今度はオクサンに話しかけてくるの。

答えられないわよ~ 

もう、マカロンを手に取って「トレビアン」って言ってから、

笑顔で許してねって感じで・・・

そんなだけど、店員さんはニコニコしてとっても感じがいいの。

CAFEでの雨宿り休憩はとっても満足。

おねえちゃんは「このお店、鎌倉に出店してくれないかなぁ」だって。


サン・ルイ島は可愛い雑貨屋さんがあるって、

ガイド本にあったけど、どれも300円均一に売ってるもののように思えて

何も買わず。。。。(円安だし)



さあ、シテ駅前を通り過ぎて、今度は

「サント・シャペル」へ

キリストの荊の冠を納める為に建てたとか・・・

本当にそれはあるのですか?

画像


教会や聖堂はこんな風に圧力を逃がすように(?)

アーチ型に柱がついている。

それも美しいわぁ

画像


オクサンは2ユーロでロウソクを買って

「世界平和と、気持ちよく日本へ帰れますように」ってお祈りしました。

(この気持ちよく日本へ・・・のお願いが、

あとで奇跡を起こすんです)

画像


もう、夕方。

ステキなイルミネーションも輝いてるわ。

画像


オペラ座もライトアップされて、町中がアートよ

画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのトラックバック