インコのタロちゃん「秋の日」

去年の8月「腹壁ヘルニア」の手術をしたタロちゃんですが、

今年9月くらいから、またお腹が大きくなってきて

病院通いの日々が始まったのです。

(↓これは手術をした時の病院のブログです。

『手術を受けたセキセイインコのタロちゃんのご紹介です。

タロちゃんは、7歳1ヶ月の女の子です。去年の11月頃からお腹が大きいとのことで来院しました。診てみるとお腹が大きく垂れ下がり、腹壁ヘルニアを起こしていました。レントゲン検査と超音波検査により、お腹の中に水が溜まっている部分があり、卵管蓄卵材症の併発も疑われました。このままではどんどん垂れ下がってくるため、手術を行なうことになりました。

手術は、まずお腹の皮膚をX字切開して、剥離しました。次にヘルニア嚢を切開したところ、中から大量の卵材が混じった腹水が流れ出てきました。お腹の中は卵材のせいで腹膜炎を起こしていました。お腹の中に溜まっていた水は、卵巣嚢腫でした。癒着がひどいため卵管を取ることができず、卵巣嚢腫も一部しか取れませんでした。嚢腫内の水をできるだけ除去し、腸もお腹の中に戻る分だけ戻して、皮膚を整形して縫合し終了としました。』 )


9月中旬には 「厳しくなってきました」って言われたの。

卵巣嚢腫が大きくなったみたい。

画像


「高圧電位治療」やたまった腹水を抜いたり、

点滴したり・・・。

治療するたびに、少しよくなって・・・

でも、1週間たつと、前より悪くなっている。

画像


先週(12日)は本当に具合が悪そうで

体重は1週間で38グラムから30グラムになってた。

先生に「厳しい状態です。入院して、強制給餌しますか?」って言われたけど、

入院しても寿命はそんなに変わらないなら

うちで看取ろうと思って連れて帰ってきたの。

それに、もう、十分かな~って思ったし。

その日は強制給餌をしてもらったけど、

あまり入らなくて、もどしてしまったんですって。

あ~あ(´・ω・`)



だけどね、タロちゃんの主治医は本当に名医だと思うの。

飼い主が 「十分な治療をしてもらった」って

心から思うんだもの。





おねえちゃんに「タロちゃんが危ないかも」って

連絡したら、夕方タロちゃんの顔を見にきた。

育ての親だものね。

画像


おねえちゃんは「明日は会えないけど、

月曜に来るから頑張ってね。」だって。

おばあちゃんに連絡したら、次の日の日曜日に会いに来た。

画像


おばあちゃんは

「タロちゃんは本当に可愛かったよ。

いつも話し相手になってくれて、ありがとう。」だって。



タロちゃんはいつも薬入りの水を飲んでいて

まだ飛べる時は洗面台に向かって一直線だった。

美味しい水を飲みたかったのよ。

病院ではまた薬がでたけれど、

最後位は美味しい水を飲ませてあげましょう。

ゴハンもカナリーシードや粟穂、

タロちゃんの好きなものをいっぱい入れてあげましょう。

今まで、制限があって食べられなかったんだものね。



タロちゃんは1日に1グラム位しかゴハンを食べてないのに

今日も生きてます。

本当に不思議なの。

みんなにパワーをもらったの?

画像


隣のカゴで

ぴよちゃんも、応援してるのかな?

画像


ハニもタロちゃんをじっと見てるよ。


昨日はスーパームーンだったけど、

雨で見られなかった。



今日は晴れ。

望遠レンズを久しぶりにつけた。

画像


お月様のパワーでタロちゃんの寿命が延びているのかな?

画像



お月様、お願い、

明日の朝も、タロちゃんが生きてますように。


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)