膝蓋骨脱臼手術 翌日

1月12日(木)
晴れ、すご~く寒い。

午前中に面会に行った。
ハニちゃんは痛み止めと水分補給の点滴をしていた。

私を見ると、すくっと立った。

画像


興奮して もっていった「ささみ(40グラム、30キロカロリー)」に目もくれなかったけど、
落ち着いてきたら、ぺろっと食べた。

ゲージのメモをみたら、うんちをしてないようだ。
ハニちゃんはウンチは「専用おトイレ」がないと できないかもしれないので
午後にもってくることにした。
ゴハンもあまり食べてない。

入院してる犬のゲージは上下2段になっていた。
なんだか、とっても獣臭いので、どこだろう?ってクンクンしてみたら、
ハニちゃんの下から臭ってる。

そこには巨大な動物が!!
おじいちゃんのセントバーナードでした。
60キロ以上あって、「動かすのに大変です。」って面倒をみていたおねえさんが言っていた。

画像


ゲージのドアを開けて、ハニちゃんとスキンシップを30分ほどして帰宅した。

すぐにハニちゃんのゴハンを作った。
冷蔵庫にあった野菜をくたくたに煮て、ささみもいれた。
全部で40キロカロリー位。

午後は3時半に面会に行った。
ハニちゃんは待ってましたとばかりに喜んでくれた。
作っていったゴハンもぺろっと食べた。

オシッコトレイも置かせてもらった。

画像


左足は包帯がぐるぐるで曲げられない。
痛々しいけど、「今だけ我慢すればジャンプもできるし、おもいっきり走っても大丈夫だよ」って、
ハニちゃんにお話ししながら、自分にも言い聞かせた。

またもやハニちゃんと30分位面会した。
その後、先生から手術について説明があった。

レントゲン写真には、ピンが八の字になってとまっていた。

横から見た写真では、お皿に膝蓋骨がのっていた。やったね!!
今まで外れていたから、お皿が浅かったけど、
きちんとお皿の上に乗ったから、お皿も摩擦で深くなっていくらしい。
だから、若いうちに手術した方がいいのね~、、、とか一人で納得した。

お皿の下の骨がうっすらしている部分があった。
そこが削った部分なんだって。
「お皿は削ってないけど、深くなりました。」って説明された。

退院は16日(月曜日)の予定だけど、
包帯を外して、経過がよかったら15日(日曜日)にできるそうだ。

退院後は
「ゲージの用意をしてください。」って言われた。
「全部カーペットにしてもゲージは必要ですか」ってきいたら
「運動の制限のために必要です」だって。。

わぁ~、大変。
でも、大暴れして「グキッ」ってしたら大変なので用意しなくっちゃ。

明日は面会にいけないので、
「ハニちゃん、あさって来るから、うんちして待っててね」と言って帰ってきた。

待合室に戻ったら、
「キャイ~ン、キャイ~ン、うごうご~」と切ないハニちゃんの声がした。

画像

"膝蓋骨脱臼手術 翌日" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント