パリ⑧ カタコンブ~クリュニー美術館

画像


パリ5日目(12/21)は最後の日。

夕方に空港行きの送迎バスがホテルまで来る。

この日はおねえちゃんが絶対行きたいという

地下墓地「カタコンブ」と、中世オタクの聖地(?)「クリュニー美術館」へ。

画像


ダンフェール ロシュロー駅で降りると

すぐに、そこはあった。

すでに長蛇の列!!

画像


「カタコンブ」入口で聞いたら、1時間待ちだって。

欧米の人も行列に並ぶんですね。

画像


本当に1時間待ちましたよ。

ここは地下墓地の入口。

画像


これから2キロメートル歩くの。

画像


地上にあった墓地を掘り返して、

地下墓地を作ったそうよ。

そして、今、この上は高級住宅地。

画像


少し歩くと、うわっ

両側の壁が骨よ~

画像


時々墓標みたいなのがあって、、、、

画像


ずっと骨の道が続きます。

そしたら、後方から小さいオジサンが走ってきて

私たちを追い抜いて行く。

スリかと思って、「ひぇっ」って言ったら

オジサンが戻ってきて

首から下げたカードを指して

「スタッフ、スタッフ」だって。

このオジサン、遠慮したのに

ガイドしてくれるみたい(笑)

画像


ハートの形の骨があるからと案内されたのはここ。

昔の人だってずっと骨を並べていたら、ちょっと形を作ってみたくなりますよね。

飽きちゃうもの~

画像


懐中電灯を当ててくれて、「写真を撮れ」って

画像


これは、額を銃で撃たれて死んだんだって。

丸い穴がありますね、、、即死?

両脇にぎっしりと積み上げた骨、、、

どこの骨?と聞いたら、

腿とスネを指してみせたよ。

その他の骨は奥にあるって、またもや懐中電灯で照らしてくれる。

画像


オジサンは途中でいなくなったと思ったら、

骨の死角から飛び出して、私達をビックリさせるの。

日本語で、「スゴイスゴイ」って言ってくる。

私達は、「スゴイスゴイ」と言ってみる。

オジサンはずっと笑顔でテンション高い

これはまるで、アトラクションよ。

出口近くなったら、オジサンが「ここまで」と言って

「バイバイ」って手を振りながら

「イチゴ・・・イチゴ・・・」と言っている。

もしかして、「一期一会?」って言ったらそうだって(笑)

「メルシー、バイバイ」って私達も手を振ってお別れしたの。

オジサン、ありがとう。スゴイ楽しかったわ~

出口の向かいには、お土産屋さん。

ポストカードを二枚だけ購入。

円安ですから・・・・

画像


またまたメトロに乗って、クリュニー美術館(中世美術館)へ。

ここはローマ時代のいろんなものが展示されてる。

画像


隣ではまだ発掘途中みたいで、土を深く掘り返してしたわ。

画像


井戸? ガーゴイルとツーショットが撮れたよ

画像


日本語音声ガイドがありました(*^_^*)

受付のおねえさんが「ジャポネ?」って言う。

ライセンスものを預けて貸してもらうのだけど、

私がパスポートをだして、おねえちゃんが運転免許証を出したら、

笑顔で免許証だけで2個貸してくれたよ。

無料だよ

パリの人って本当に優しいの。

画像


この建物は、ローマ時代の役所みたいなものの跡に

修道院を建てたものらしい。

ローマ時代には公衆浴場やお祈りするところ、

色んな役割がある場所だった。

画像


ローマはこのような施設がないと、町って認定されなかったらしい。。(うろ覚え)

そして、ここは、公衆浴場の跡の部屋です。

今では、ローマの船の模型が展示されてる。

こんな小さな手漕ぎの船で大丈夫だったのかしら。

大航海時代の少し前の船かもしれない。。。

画像


キリストの磔刑の小さな祭壇がたくさん展示されてるわ。

お金持ちの家に置いてあったのね。

きっと航海に出る時も持っていったのね。

画像


とにかく、磔刑ものばかり。

画像


右腹から血が出ている。。。痛そう~

おねえちゃんに「あの血は何なのかしら?」って聞いてみたら、

「兵士ロンギヌスが死んでるかどうか確かめるため、

槍で突いた傷。

ロンギヌスは白内障だったけど、キリストの血が目に入って

白内障が治ったらしい。。

そして、ロンギヌスの槍は現在何本か残ってる。」だって。。。。

ちょっと、ちょっと、それは、、全て偽物ですか

画像


小さな王冠の飾りなど、宝飾品も盛りだくさんで

中世オタクじゃなくても、楽しいよ。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」でジャック達海賊が略奪した品々は

こんなものだったのかなぁ?とか(笑)

画像


そして、いよいよ大きなタペストリー(貴婦人と一角獣)が6枚飾ってある部屋へ。

確か、フランス人がデザインして、

オランダで織ったとか・・・そんなガイドが流れていたように思うけど。

五枚は五感を表していて、最後の一枚は六感だとか。

その六感のタペストリーが「ガンダム」に出てくるんだって。

ガンダムオタクでもあるおねえちゃんは感慨深げだわ。

画像


ステンドグラスも宗教画だけではなく、

こんな可愛らしいものが・・・

画像


お土産売り場も充実してて、いつもは欲しい物がない私だけど、

ここでは、貴婦人と一角獣のゴブラン織りのクッションカバーが

メチャクチャ欲しくなってしまったの。

でも、円安だし・・・

迷っていたらおねえちゃんが

「そごうで売ってるかも。もっと安いかも。」って言うから

諦めて帰ってきたの。

そして、そごうの初売りに行ったけど売ってなかったし、

似たようなものはもっと高かったわ

ああ、買えばよかった~

ローマ時代は意外と面白くて、

本当のローマに行ってみたくなったオクサンでした。




さあ、ホテルに戻るよ~。

プランタンもライトアップの時間でしょうか。

画像


ラファイエットのショーウインドウは動く人形が賑やかだ。

画像


おねえちゃんはパン屋で最後のお買い物。

画像


もう、4時だ~

最後のご飯はホテルの斜め向かいのCAFEって決めてたの。

画像


↑ いつも部屋から見ていたよ。

画像


一番安い、ハンバーガーセットとコーヒーを注文。

 円安ですから

中のお肉がとても美味しいです

満腹になってあとはお迎えの車を待つばかりです。

画像


さよなら、「ホテル・クイーン・メアリー」 

画像


オペラ地区にある とっても可愛くて便利なホテル。

(最初に案内された2階のお部屋は最低だったけどね。)

ああ、10泊くらい、したかったわ

画像



"パリ⑧ カタコンブ~クリュニー美術館" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント