トイプー(ハニ)「顔のカットの仕方」

犬塾、全12回のうち、

6回終了しました。

顔のカットを忘れないようにメモ的に残しておこうと思います。



体はバリカンなので、

バリカンの歯が通るように、ドライヤーしながらの

ブラッシングは重要なんです。

画像


顔を乾かすとき、

ドライヤーを鼻の正面からあてると

犬はとっても嫌なんですって!!

ですから、顔は横からあてて乾かします。

画像


犬も慣れてきて、背中を乾かしているときは

寝そべってます。

あっ、うちの犬にやってはいけないこと、、、、

それは

ハーブパック!

画像


この緑が落ちなくて、

先生が2度シャンプーしてくれて、ようやく白くなりました。

画像


体にバリカンをして、足裏とか全て終わってからだけど、

最後に難関の顔のカットです。

顔は形を作るから、難しいのです。

先ず、頭の毛を河童みたく前にとかします。

そして、カット。

画像



まつ毛も切ってしまいます。

次に鼻さきの毛を前にとかします。

そして、鼻から出た毛をカット。

画像


画像


だいぶんスッキリした顔になってきました。

次は私にとっての最難関!

口の上の毛をカットします。

口に毛が入ると黄色くなってしまうからです。

画像


その時、左の人差し指を黒いゴムパッキンのような犬の口にそわせて、

犬の口を切ってしまわないようにカットします。

緊張の一瞬です。

犬もわかるみたいで、固まっています。

画像


鼻の下の薄い毛もシャキーンって一直線にカットするのがオクサン流です。

あごの下の毛もハサミでじょきじょきカットです。

画像


画像


頭もまあるくハサミで仕上げます。

まず、頭の中心で長さを決めて、カット。

それに合わせて、丸く見えるようにカットして整えます。

画像


前から見た時、目が鼻の周りの毛に隠れないようにします。

目と目の間から鼻先に向かって、短くカットします。

画像



お目目、ぱっちりに見えるのが可愛いのです。

画像


↑ 7月の犬塾の写真です。

バリカンを10ミリにしました。夏使用です。

お腹もバリカンで刈りました。


耳に隠れてる側面の毛も意外と伸びてます。

顔の幅を決めてジョキジョキします。

画像


全て終わって、写真を撮った後、

ハニは必ずここで

おすましして待ってます。


先生が、「ここにいるハニちゃんが可愛い!」ってウケてます。

暗くて狭くて落ち着くのでしょうか?


残るはあと6回、、、先生の手を借りず、

全てマスターできるでしょうか?

・・・・不安だわ~

"トイプー(ハニ)「顔のカットの仕方」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント