母と娘の「BC6日間」(4)ブッチャート・ガーデン

バンクーバー3日目は、バンクーバー島にある

ブッチャート・ガーデンとビクトリアの町へ。

画像


ここは遠いから、丸一日オプショナルツアーです。

朝、7時ホテル発

日本語ガイド兼ドライバーは日系三世のおじさんです。

ツアーは私達含めて7人。

ハイエースみたいな車で狭~い!!

フェーリー乗り場に向かって、走る

マイクを付けてガイドしながら、運転してますよ。

「バンクーバーの町は、中国人が投資目的で不動産を買っていて、

値上がり激しく、カナダ人は買えない。」とか・・・。

「中国人と韓国人が多くて日本人は少ない。」とか・・・。

バンクーバーの今を教えてくれます。

オクサンは「日本にいたら、別に他の国に住みたくないかも。」と、

心の中で思ったのでした。

そして、おじさんの言った通りだと、ビックリしたのは

2千人乗りのフェリーの中です。

もう、中国人ばっかり。

5階と、6階が客室ですが、

6階はほぼ中国人。

5階の窓側すべてに中国人。

しかも、みんな討論してるみたいで、ちょっとスゴイ。

画像



真ん中あたりの席はそれ以外の人達が座ってますよ。

でも、良いことがあったの。

研修中の介助犬が隣にきたのだ~

画像


日本のハスキーの2倍くらい、凄く大きい。

そして、長い尻尾をおねえちゃんにあたらないように

いい長さに丸めてます。

なんて、賢いのかしら

おねえちゃんは飽きもせずに

ハスキーをじっと見てるわ。

もう、目が

画像



ブッチャート・ガーデンは7万坪もあるから、

1周回るのに、1時間半もかかるのよ。

本当にお花にあふれているの。

しかも、びっしりと植えられていて

貧乏臭くないのだ

画像



バラ園、イタリア庭園、日本庭園、、、

いくつかの区画があるの。

日本語マップをもらって散歩よ。

50人の庭師がいるって書いてあるけど、

庭師は若者だ~

なんか、意外でした。

画像


目が合うと、、

「ベリー、ビューティフル」とか、言ってみるの(ドキドキ)。

すると、何故か日本人とわかるみたいで、

「Where do you live?」とか聞いてくる。

「I live in Tokyo」(←ウソだけど)って言うとうなずいてくれる。

東京と京都は有名みたい。

色々とお話ししてくれる庭師さんもいるけど、

オクサン、さっぱり分かんないわよ~

でもね、「ナイス」とか「グレイト」とか「アメイジング」とか

頭に浮かんだ誉め言葉を言っておくの。

なんだかとっても楽しい気分

ツアーじゃなければ、半日はいたい場所。

画像


花の色も考えて植えているのね。

画像


枯れた花は一つもないっ!

画像


↑ これはスターポンド。

星の池です。カエルの噴水があるの。

画像


画像


スモモの木が紅葉してるわ。

画像


↑ ここはオクサンの一番の場所。

花はないけど、まるで、モネの睡蓮の絵みたい。

人もあんまりいないよ。

画像


ベンチの下にワンちゃんがいるよ。

暑くなってきたからね。

そうそう、ここはワンちゃんもOKなんですよ。

画像


犬に優しいのだ。

ああ、ハニも連れてきたいなぁ~

画像


噴水の横を通って、歩く、歩く。

画像


画像


画像


日本庭園に着いたけど、なんか違う感じ。

画像


植物がたくさん植えられていて、ゴージャスだよ。

画像


日本庭園を抜けたとこで振り向くと

少しだけ、海が見えたよ。

画像


そして、またまた歩く。

画像


ダリアがいっぱい。

画像


バラ園の入り口。

バラが咲いてなくて残念でした~。

画像


お土産屋さんに入ったら

画像


すごく可愛いワンちゃんがいたの。

写真撮っていい?って聞いたら、

わざわざお座りさせてくれた~(笑)

こんな良いとこを散歩できるワンちゃん、

なんて幸せなんでしょう!

画像


建物には必ずと言ってほど、

ハンギングバスケットが。。。

名残惜しいけど、集合時間なので、

帰るしかないのであります

つづく

"母と娘の「BC6日間」(4)ブッチャート・ガーデン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント