衝撃波外来に行ったこと

6月は小田原城に行って

アジサイや菖蒲を愛でたり・・・

画像


画像



その近くの

だるま料理店で天丼を食べたり・・・。

画像


これは、コレステロール値の高い私にとっては

大きな決断だったの。


あとはお決まりの鎌倉散策。

観音様をめぐる御朱印帳も忘れずにバッグに入れたけど。

その日は雨、、、

なのに、長谷寺ときたら凄い行列。

画像


画像


画像


画像


御朱印をもらうシステムも変わっていて

なんだかビックリしたのでした。

画像


イケメンと名高い大仏さんも観音めぐりに入っているから行ったけど、

どうして男なのに

観音さまにくくられているのか謎だったわ~。

画像


御霊神社前の江ノ電スポットは

これまた人であふれてる~


で、6月の私のメーンイベント(?)は

「千葉大大学病院 整形外科 衝撃波外来」で

「右肩石灰化腱板炎」の治療をしてきたこと!!


いつだか忘れたけど、テレビ番組で衝撃波の治療を見て、

あっ、私の右肩にある石も砕いて欲しいって

切実に思ったのです、

まず、紹介状をかいてもらって

千葉大に電話したら、

テレビ番組の影響で凄く混んでて

3カ月位待ち。

そしてようやくその日になって

横須賀線に乗って行ったの。

「千葉」ってすごく遠いと思ってたけど、

電車を選べば、千葉駅まで直通だったわ。


まず、レントゲンとCT撮影。

先生は「あっ、小さいのがありますね。」だって。

そして、私の腕をあちらこちらの方向に

上げたり下げたりして、

「はい、治療の範囲なので出来ます。」ですって。


私の「石」は今までの先生が太い針で

何度も刺してたので、

影が薄くなっていたの。

「これで衝撃波すれば、よくなると思いますよ。」って

心強い言葉をいただいて

治療が始まったのです。。。が

まず、一番痛かった麻酔の注射。

次に、「ニードル」とか言って

針を何度も石に刺すの。

ここまでは前の病院と一緒。

「ニードル」すると、衝撃波の効果が高いのですって。

そして、いよいよ衝撃波ですよ~。


先生が私の右肩を後ろから機械に押し付けてる。

前から「ガン、ガン、ガン」と衝撃がスゴイ~。

痛いったら、ありゃしない。

テレビでは痛くないっていってたのに、、、と思って耐えた。

そして20分位(?)で終わった。

次の診察は8月。

予約を取っておしまい。

朝家を出て、帰宅までかかった時間は

およそ10時間、、

疲れた~


お会計は思ったよりずっと安くて8千円台。

なんて良心的なんだろうって思ったわ。

翌日、右肩がとても痛かったけど

それも2、3日で消えてしまった、、



ああ、治療の効果があって欲しい。。

(先生によると、80%の人に効果があるそうです)

右腕が以前の様に、まっずぐと上にあがってほしいし、

ファスナー付きのオサレなワンピースも着られるようになりたいです。


観音様、、、私の願いをよろしくです。


"衝撃波外来に行ったこと" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント